歯の健康を保ち20本以上の歯を残しましょう。歯周病や虫歯には注意が必要です。インプラントやブリッジ、入れ歯など治療法はいろいろです。歯ブラシの使い方を知り正しい歯磨きをしましょう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトニングしたは白くキレイなものになっていることでしょう。

しかしホワイトニングの値段(価格)は方法によってバラバラですが、科医院などでおこなうとそれなりの金額になってしまいますね。

そんな金額を払っておこなうホワイトニング(マニキュア)、
すぐに元の黄ばんだ色に戻ってしまったらどうでしょう。

ホワイトニングにも自宅でおこなうホームと科医院などでおこなうオフィスという方法があります。

どちらにもメリット、デメリットなどがあります。

まず家でおこなうホームホワイトニングですが(マウスピースなど)、を白くするのには時間がかかります。但し、の白さを保つ期間も長持ちします。

逆に歯医者さんなどでおこなうオフィスホワイトニングは(マニキュアや漂白など)、歯を白くするのに時間は掛かりませんが、白さを保つ期間は比較的短いとされています。

なので歯のホワイトニングで悩んでいる人は、時間がかかってもいいから白さを長持ちさせたいのであれば、自宅でマウスピースなどを使っておこなうホワイトニングを選んだほうがよさそうです。

逆の意見であれば歯科医院でおこなうホワイトニングを選択すると良いでしょう。

自分が望む状態に合わせて選んでくださいね。
スポンサーサイト
白くする。いわゆるホワイトニングです。

白くするのにもいろんな方法がありますが、

磨き粉を使って磨きをするだけでも白くする効果はあります。
磨き粉には研磨剤が含まれていますからね。
ただ、歯の汚れが溜まっていると簡単に落ちにくいのも事実です。

他に自宅でお手軽に歯を白くするには、
歯をコーティングするマニュキアのような商品も発売されています。
また汚れを落とす消しゴムのような商品スティック系の商品もあります。

黄ばんでいたり黒ずんでいたりする歯は、本人が気付いていないかもしれませんが、相手に良い印象を与えません。

同じ服装や顔であっても歯を白くするだけで人に与える印象は随分と変わるものです。純白のドレスに歯が黄色であれば逆に目立つことでしょう。

なので審美歯科などでは、歯を白くするホワイトニングの治療がおこなわれているのですね。

特に年齢を重ねている人や芸能人、モデルなど人前にでることが多い職業の人には非常に需要が高いものとなっています。

コーヒーや紅茶、お茶、ワインなどの薄い着色を落として歯を白くするのであれば、いわゆる市販の家庭でもできるホワイトニング商品でも充分な効果が得られると思いますよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。