歯の健康を保ち20本以上の歯を残しましょう。歯周病や虫歯には注意が必要です。インプラントやブリッジ、入れ歯など治療法はいろいろです。歯ブラシの使い方を知り正しい歯磨きをしましょう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入れ歯にもいろんな種類があります。

とくに身近なものが普通の部分入れ歯
おじいちゃん・おばあちゃんがよくしている総入れ歯ではないでしょうか。

それとは別に精密入れ歯というものがあります。
これは、良く作られたもので素材や金属部分なども
特殊なもので作られているのでしっかりと噛むことができ、
見た目にも目立たず、キレイに見える物が多いです。


よくある問題に、入れ歯にしてから物をよく噛むことができない、
そのような意見を多く聞きます。

これは入れ歯にしてしまうと自分の歯がある状態の3割ほどの
咀嚼力しかなくなるからです。

これらの問題から現在では入れ歯よりもインプラントなどの
人工歯根に注目がされています。

ただしインプラントにもデメリットはありますし、入れ歯よりは
しっかりと噛むことができますが、100%元の状態になるというわけではありません。

やはり自分の歯が一番ということです。
スポンサーサイト
が人にとってインプラントの治療法は画期的な技術であるといえます。インプラントとはが無いところに人工根を作ることで入れやブリッジよりもしっかりと物を噛むことができるようになります。

もちろんが無いところにインプラントをおこなうことでメリットばかりというわけではありません。デメリットもありますのでしっかりとインプラントとはどういったものか把握しての治療をされることをお勧めします。

インプラントとは歯肉を開いてあごの骨に人工歯根の金具を埋め込む歯の治療法ですので、手術と考えてよいと思います。

もちろんこの治療法ができてから時間が経っていますので、技術や治療法はしっかりとしていると思います。

ただしインプラントや歯の専門医におこなってもらったほうが良いのは当然のことだと思います。骨の強度の調査やレントゲンだけでなく3Dでの治療後の状態を見せてくれる歯科医院もありますので設備の整ったところを選ぶほうが安心できる人も多いのではないでしょうか。

ただ周りの歯を削ったりする必要のないブリッジと違ってインプラントは抜けた箇所だけに施術するのでしっかりとした噛む力が戻るので抜けた歯の治療法としてメジャーな方法となってきています。

また痛みは人それぞれですが、抜歯よりも痛くないという人のほうが多いようです。

インプラントのデメリットとしては、歯の手術ですので治療期間が約半年ほどと長くなるのと、糖尿病や全身疾患がある方、骨の強度や量が少ない方にはおこなうことができません。

また保険が使えない為、費用や料金が1本30万円ほど(個人差はあります)になるので負担が大きくなります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。