FC2ブログ
歯の健康を保ち20本以上の歯を残しましょう。歯周病や虫歯には注意が必要です。インプラントやブリッジ、入れ歯など治療法はいろいろです。歯ブラシの使い方を知り正しい歯磨きをしましょう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歯ぎしりは寝ている間に主に起こるものですが、歯ぎしりによってが削れたりしてダメージを与えることにもなります。また周囲の迷惑になることもあるでしょう。

ただ歯ぎしり軋り)にも、を強く噛み合わせる症状もあるので寝ているときにだけ起こるものではないのですね。

歯ぎしりをしっかりと治療して噛み合わせを良くして健康な歯を保ちましょう。

歯ぎしりが起こる原因としては、睡眠状態が浅いときやストレス、歯の噛み合せが悪いなどの原因が考えられます。

またこのような状態が続くと顎関節症や歯周病になることも考えられます。

対策や防止の策としては、就寝時にマウスピースなどを使って治すことができます。歯ぎしりくん、なんて商品が発売されていたりします。
これらの治療法は費用が安くすみお手軽といえるでしょう。

また、噛み合せをキチンと治したり歯並びをキレイにすることで対処することができます。矯正治療の部類になりますので時間はかかると思いますが効果的な治療法であると思います。

また薬物治療などの歯ぎしりの治療法も注目されている治療法の一つといえるでしょう。

自分の症状や状態に合った治療を歯科医師と相談することをお勧めします。


スポンサーサイト
が人にとってインプラントの治療法は画期的な技術であるといえます。インプラントとはが無いところに人工根を作ることで入れやブリッジよりもしっかりと物を噛むことができるようになります。

もちろんが無いところにインプラントをおこなうことでメリットばかりというわけではありません。デメリットもありますのでしっかりとインプラントとはどういったものか把握しての治療をされることをお勧めします。

インプラントとは歯肉を開いてあごの骨に人工歯根の金具を埋め込む歯の治療法ですので、手術と考えてよいと思います。

もちろんこの治療法ができてから時間が経っていますので、技術や治療法はしっかりとしていると思います。

ただしインプラントや歯の専門医におこなってもらったほうが良いのは当然のことだと思います。骨の強度の調査やレントゲンだけでなく3Dでの治療後の状態を見せてくれる歯科医院もありますので設備の整ったところを選ぶほうが安心できる人も多いのではないでしょうか。

ただ周りの歯を削ったりする必要のないブリッジと違ってインプラントは抜けた箇所だけに施術するのでしっかりとした噛む力が戻るので抜けた歯の治療法としてメジャーな方法となってきています。

また痛みは人それぞれですが、抜歯よりも痛くないという人のほうが多いようです。

インプラントのデメリットとしては、歯の手術ですので治療期間が約半年ほどと長くなるのと、糖尿病や全身疾患がある方、骨の強度や量が少ない方にはおこなうことができません。

また保険が使えない為、費用や料金が1本30万円ほど(個人差はあります)になるので負担が大きくなります。
白くする。いわゆるホワイトニングです。

白くするのにもいろんな方法がありますが、

磨き粉を使って磨きをするだけでも白くする効果はあります。
磨き粉には研磨剤が含まれていますからね。
ただ、歯の汚れが溜まっていると簡単に落ちにくいのも事実です。

他に自宅でお手軽に歯を白くするには、
歯をコーティングするマニュキアのような商品も発売されています。
また汚れを落とす消しゴムのような商品スティック系の商品もあります。

黄ばんでいたり黒ずんでいたりする歯は、本人が気付いていないかもしれませんが、相手に良い印象を与えません。

同じ服装や顔であっても歯を白くするだけで人に与える印象は随分と変わるものです。純白のドレスに歯が黄色であれば逆に目立つことでしょう。

なので審美歯科などでは、歯を白くするホワイトニングの治療がおこなわれているのですね。

特に年齢を重ねている人や芸能人、モデルなど人前にでることが多い職業の人には非常に需要が高いものとなっています。

コーヒーや紅茶、お茶、ワインなどの薄い着色を落として歯を白くするのであれば、いわゆる市販の家庭でもできるホワイトニング商品でも充分な効果が得られると思いますよ。
治療にはいろんな方法があります。の状態によって変わってくるのも当然ですし、科医院の先生によっても多少変わってきます。

まず治療といっても神経をいじる治療や入れ、ブリッジ、インプラントなどの無くなった歯の治療、レーザーを使うものまで様々です。

その中でも一番需要があるとされるのは、無くなった歯の治療法ではないでしょうか。主に入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つの治療法があります。

特に虫歯の治療などで歯を削り小さくなってしまった場合や歯を抜いた後に仮の歯を作るという概念です。

今まであった場所に歯が無くなるというのは、歯並びや噛み合わせなどの観点からも非常によく無いです。歯が抜けた場所によっては虫歯の発生率も上がることになります。


また他にも歯の治療には、削った穴などに物を詰める充てんや、患部が大きい場合には銀歯などで歯を覆ってしまう金属冠、ジャケット冠、削った部分を歯と同じ色の材質をつかって補う継続歯などという治療法もあります。

音波、超音波歯ブラシなど最近ではよく聞くようになってきました。

一昔前までは電動ブラシが先端の技術を使った商品でしたが、
今ではブラシから超音波がでるような商品が増えてきています。

従来からの電動ブラシと超音波歯ブラシはどのように違うのでしょうか。

基本的なブラシの毛の動きは同じなのですが、一番違う点はの毛先から超音波がでているかでていないかの違いだと思っておけば良いでしょう。

超音波が歯ブラシから出されることで、直接歯にブラシの毛が当たっていなくても超音波がでている周りの部分の歯垢などの汚れも音波振動で取り除いてくれる効果があります。

また超音波により、細菌の群れを潰してしまう効果もあります。

手動の歯ブラシでもしっかり歯磨きをすることで充分予防できるとは思いますが、効率的な面で考えると時間の短縮にもつながる商品であると思われます。

しかし超音波歯ブラシは価格など値段が高価になりますので
しっかりと検討してみてはいかがでしょうか。
相場としては1万円~2万円の商品が多いでしょう。

人気の超音波歯ブラシはPURO(プーロ)やウルティマなどが挙げられます。

短時間で歯をキレイにすることができるからといって、
磨きすぎには注意をしておきましょうね。

逆に痛めることになってしまいますよ。
歯磨きにの正しい方法を知っておきましょう。

歯磨きは食後と寝る前におこなうのが良いとされています。これを小さい頃から習慣づいている人は歯磨きも苦にならないでしょう。

逆に食後や就寝前の歯磨きのクセが付いていない人は苦痛に感じたり、面倒だと思ってしまう人も多いようです。

とにかく口の中を清潔にしておくことはむしの予防やぐきの健康(歯周病予防)にも良いことなのでしっかりと習慣にしておきましょう。

歯磨きの仕方で一番大切なことは歯ブラシの毛先がちゃんと歯の表面に当たっているか、ということです。これはきちんと磨いてるつもりでも一部しか毛先が歯に当たっていなかったりして歯が磨けていない状態になることが多いからです。

前歯などは横に歯磨きをするのがよいでしょう。小刻みに振動させましょう。力を入れすぎてはいけません。歯の汚れが落ちにくかったり、ダメージを与えることもありますからね。

また奥歯などは歯の断面に合わせて縦、横、斜めと歯の形に合わせて歯ブラシの角度も合わせましょう。歯茎の間は汚れが残りやすいので角度をつけてキチンと毛先を当てて磨いてください。

そして歯の表面だけを歯磨きして、裏側のお手入には無頓着な人が結構いるようですが、歯の裏側はふとしたことで人目につきやすいので歯の裏側もしっかりと磨いておきましょうね。

前歯などの裏側を歯磨きするときは、縦にブラシを動かすことがポイントです。

また歯茎から出血する場合はしっかりと血を出し切るぐらいまで磨き続けるとよいです。その際は小刻みに力を入れすぎずにマッサージをするような感じでおこなってください。


また子供さんの場合は、口の中がしっかりと見える体勢で歯磨きをしてあげます。歯磨き粉は子供がうがいできるようになってから使ってあげるとよいと思います。

イヤがるお子さんには、歯磨きじょうずかな~ソングや体操など子供番組を見せたり、アンパンマンなどのアニメグッズのブラシなどで興味を持たすとよいでしょう。


歯ブラシにも手動でおこなうか電動式を使うかで
歯ブラシの選び方も変わってきます。

特に最近では電動歯ブラシが人気で多くの商品がナショナル、ブラウン、ドルツなどから販売されており、回転するタイプの歯ブラシだけでなく超音波タイプの商品まで発売されています。

この超音波歯ブラシが非常に消費者からは好評なようで注目が集まっています。また歯ブラシだけでなく口や歯の清掃に使われる道具は歯間ブラシなどもあります。

また関連グッズとして歯ブラシホルダーやスタンド、ケースなどの商品も密かな人気があります。

さて、歯ブラシの選び方ですが、毛は衛生的にナイロンのほうがよいでしょう。毛の硬さは硬すぎずやわらかすぎず、ふつうのものがベストです。小さなお子さんであれば柔らかいものを選んであげましょう。

歯磨き粉には研磨剤などが含まれているので基本的には歯ブラシにはつけずに磨いたほうがよい。つけるとしても少量が望ましい。

また、個人的には歯ブラシの柄の部分を人差し指と親指のみではさんで使用することをお勧めします。なぜならこの方法であると歯ブラシに力が入りにくいので歯や歯ぐきに必要以上の負担をかけずにすむからです。

5本の指を全て使い葉を磨くとどうしても歯ブラシに強い力がかかりやすいので望ましくないからです。
ホワイトニングについて説明しておきます。

ホワイトニングとはを白くすることです。

を白くするといっても白さにも段階があるのを知ってましたか?
純粋に白くするだけではないのです。白さの段階も選べるのですね。

肌の色とも関係してきますが、一般の人が異常にが白かったら
ちょっと違和感を感じる人もいるでしょう。

元プロ野球選手の新庄さんなどのがいい例ですね。

芸能人はよくホワイトニングをおこなっているようですが
料金・費用は白くする方法によって変わってきます。

通販などで歯の漂白用の商品を使用して歯磨きをすることでも
ホワイトニングすることはできますが、一般的には専門の審美歯科などでおこなってもらうことが多いでしょう。

歯のホワイトニングは主に削ったりすることがなく、
ホワイトニング剤を使ったり、レーザーで光を当てることで
歯を漂白していくものですから痛みなどは伴いません。

ただし薬を塗る際にしみる程度の痛みを伴う方もいます。

施術方法によっても変わりますが、長くても1時間から1時間30分
ほどで行うことができます。短いものだと20分でできるものもあります。

また歯のホワイトニングの値段ですが、これもピンキリで
安いものだと1本1000円程度のものから
1本40000円程度の費用がかかるものまで様々です。

ホワイトニングの方法はいくつかありますので
値段や方法、白さの具合など相対的に検討すると良いでしょう。

ホワイトニングペンやジェルなどを使って自宅で行う方法もありますしね。

黄ばんでいたり、黒ずみのある歯を
白くキレイにして外見の印象をよくするのもいいですね。
矯正は一般には矯正といわれています。

矯正することで見た目のイメージを良くすることに効果があると
思われていますが、それだけではありません。

矯正は並びを整えて、噛み合わせをよくする効果があります。

の噛み合わせが悪いと体のいたるところに異常がでてくることがあります。のかみ合わせの左右のバランスが均等にとれていないことで
顔の歪みやアゴの歪みに繋がるのです。

また顔や顎の歪みだけでなく、ほおっておくと体全体の左右のバランスがおかしくなってしまうのです。

歯を矯正することは非常に大切なことなのです。

また矯正の器具をつけることで長期的な治療のほうが良いとされています。見た目を気にする人のために歯の裏側に矯正用の器具を付けることもできます。

歯の矯正の費用(値段)は比較的高額だといわれています。
100万円前後と考えておくとよいでしょう。

しかし場合によっては矯正にも保険が利く場合があります。
詳しくはお近くの歯科医にご相談ください。

また歯並びを良くすると見た目の印象も違って見えます。
芸能人が歯を矯正するのはそのためです。

キレイな歯並びは清潔感を与えますからね。
すきっ歯や出っ歯などガタガタな歯は治すことができるのです。

それなりの料金は掛かりますが体の健康や見た目の印象を
気にするのであれば一度検討してみてはいかがでしょう。
電動歯ブラシが最近普及してきました。
少し前であれば電動歯ブラシを使っている人は極わずかだったと思いますが、今ではかなりたくさんの人が使っています。

その影響か電動歯ブラシにもたくさんの種類が発売されています。
人気商品でいうとブラウンやナショナル、オムロンなどの商品が人気が高いですね。

商品の充実に伴って電動歯ブラシの動きや機能もパワーアップしています。縦、横、斜めに振動する商品もあれば、超音波やイオンなどを発する商品もあります。

なぜこれほど電動歯ブラシに人気が集まっているかというと、単に磨き作業が楽というだけでなく、手で歯を磨くよりも機能が優れているために歯の磨き残しが少ないことがあげられます。

歯ブラシをするのには歯の汚れをとるだけでなく、歯茎のマッサージも必要ですから微妙な振動をキチンと行える電動歯ブラシというのは歯磨きに適しているのです。

これは電動歯ブラシの性能が上がっているからです。昔の商品はあまり性能がよくなく、力が強すぎて逆に歯ぐきにダメージを与えてしまう場合もありましたからね。

手で歯を磨いている方は検討してみるのもよいでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。