歯の健康を保ち20本以上の歯を残しましょう。歯周病や虫歯には注意が必要です。インプラントやブリッジ、入れ歯など治療法はいろいろです。歯ブラシの使い方を知り正しい歯磨きをしましょう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛いときは何もかもがイヤになることだと思います。

の痛みというものは、ムシによる神経の痛みやぐきの腫れ、知覚過敏、噛むとき、矯正しているとき、風邪をひいたとき、整形後、肩こりなど様々な状態で起こります。

ある程度原因を突き止めて応急処置をしておきましょう。

痛い場合のほとんどが神経に関する痛みであると思われます。
医者に行くのが一番の対処法ですが、すぐに行く事ができない場合は自分で対処するしかありません。

正露丸で殺菌を抑えたり、バファリンで痛みを和らげることは可能です。しかしあくまで根本的な解決にはなっていないということを認識しておきましょう。

また、歯の神経を取り除いたからといって痛みがなくなるわけではありません。歯根に膿がたまっていると痛みがでてくる場合もあります。

早期治療をおこなえば歯の痛みはすぐに治まりますので歯科医院に行くように心がけておいてください。


大人であっても歯の痛みいうのは強い刺激を伴いますので、お子さんがおられる方は充分な注意が必要であるといえます。

子供さんにはしっかりと歯磨きの習慣をつけておきましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hakyousei.blog105.fc2.com/tb.php/13-fd1044bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。